So-net無料ブログ作成

春がきたのか [自分周辺]

ずいぶんとブログをおきっぱなしにしていました。
熊本が大変だ。私にも血縁がおります。
今のところは水の確保などが不便だそうで、
怪我したり、避難所にいたりということはないようでしたが、
安らぐ時間がきっと少ないことであろうと想像しています。

わたしは元気にしております。
プリズムチャームプロダクションの公演、ご覧下さった皆さま、お世話になった皆さま、
どうもありがとうございました。
どういうタイミングで言ってるのか、意味不明な勢いですね。
どうもすみません今頃……。

7月は久々に大阪女優の会の公演に出ます。
10月は京都のアトリエ劇研で芝居します。

の前に、GWは私、旅行に出かけます。
えいやっと、出かけます。
またご報告いたしますね。

あまり面白くもない業務連絡みたいな近況報告ですね。
つか、しばらく使ってなかったらPCの動きが超遅いです。
しばらく使ってなかったのが原因ではないと思うが。
なんなの。何が不満なの。
さわってるファイルが突然消えるなどが頻繁すぎるので
これにて。

新年 [自分周辺]

ずいぶんと更新しておりませんでした。
年末に住所が変わりました。
荷物の整理したり、片づけしたり、
かなり家にばっかりいた年末年始です。

まあ年末年始は毎度毎度、一年で一番家事を行う時季ではあります。
が、引きこもりだすと外出がもう億劫になってしまうという
私にしては珍しい現象が起こっております。

電話とインターネットがやっとつながりましたので、
ブログに戻って参りました。

昨年は、我ながらしっちゃかめっちゃかな一年だった気がします。
大きく身辺も変わりました。
あ、すみません、別に結婚とかしてません。
最近よく聞かれるんだよね。引っ越したりしたからか。
むしろ、ひとり暮らしになりました。

芝居は、エイチエムピー・シアターカンパニーさんと、星みずくさん、劇団潮流さんに参加。
レッスン等々は、夏ごろからは自分ペースだったから、だいぶサボってますね。
身辺整理に忙しかったということで。
芝居も映画も読書も、いつもより全然してないと思います。
今年は落ち着いて、やりたいことやっていこう。
どんな形で、何をやっていけるのか、真っ白。
ゆっくり考えたり、考える前に巻き込まれたり、今年もするのかな。
いや、よくよく何が必要か見極めたいと思うのでした。

2月にお芝居に出演します。
情報はまたのちほど。
今年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

秋が [自分周辺]

夕方からの風がすずしくなってきました。
タバコを切らして買いに出て、オシロイバナの香りを嗅ぎました。
オシロイバナってこんな季節にも咲くものだったのか。知らなかった。
この夏はひどく暑かった日もあったけど、あっという間に終わってしまった。

8月末はロシアの演出家セルゲイ・チェルカッスキーさんのWSを受けました。
なんというか、TCLでやったことをおさらいする感じだったな。さすがTCL。ロシア流。って感じか。
チェルカッスキー(長い。セルゲイさんと呼ぶことにする)さんは、ダンディなおじさまという感じでしかし、
パワフルな方でしたっ。ロシアの演劇人ってほんとにみんなこんなにストイックに鍛錬しているのだろうか。
しているのでしょうね。甘あまに育ってる私はついていくのに必死。やっぱり。
もう「道」なんだよね。
武道、とか弓道、とか茶道、とかの「道」。
演技「道」っすよ。
セルゲイさんが書かれた、「スタニスラフスキーとヨーガ」を読みました。
えっと、学術論文だったので、なるほどとは思ったけど、あまり具体的にどうっていう感想がもてなかった。
スタ(ニスラフスキー。長いから略。)さんは演技教育のシステムを作ろうとしていて後期、
ヨーガに大変関心を持っていたということなのですが、
現在健康のためのヨガは日本でも流行していて、そして私もヨガを楽しんでいる方ではあるので、
ヨガのエクササイズが何か取り込まれていたのかしらって思ったら、どうもそういうことでもなかった。
セルゲイさんに直接聞きましたの。
「アーサナ(ヨガのポーズ)を実際に使ったということではなく、ヨガの哲学に関心をもって研究していた」
のだそうです。何だ、そうか。
要は心身一体化するという考え方に共感していたのでしょう。
それならば何となく、そりゃそうだろうよ、と思った。すみません。
何しろ「道」だからね。

スタシステムは昔のモノ扱いする人も多い。ベテランさんに実は多い。
でも最近私がわかったことは、スタシステムというのは何か確立されたものなんかではなくて、
スタさんが亡くなってからも重要視されていて、実践するために散々研究もされていて、
そして今なお、研究開発中のもので、だからこれが正しいのだということではないんだということです。
演劇人は自分自身で、自分のスタシステムを発見するべきなんです。たぶんね。
セルゲイさんも、「俳優の仕事」(旧訳版では「俳優修行」)はバイブルではないと言っていた。
参考書くらいだな、たぶん。辞書とかな。
だって世の中にはあらゆる人と国(空間)と言葉とそして芝居があって、どんな演劇だって創られていく。
どんどん新しい表現方法がでてくる。
それでも今なおスタシステムが古くないし使えるものであることは確かだろうと思う。
あかん、ちょっとこれ以上は難しいわ。
私が演劇で、演じる上で、大事にしたいことは、「自由」で「嘘じゃない」ことかなあ。

ちょっと真面目に語ってみた。

11月公演の稽古、はじまっています。
面白いことになろう。

8月に2本映画をみました。
芝居をすっごくみてへんのよ。ごめんな。なんか行く前に疲れてしまい。
本をちょこちょこ、読みました。それでもすごく減った。

相続
に追われている。
っていうことにしておく。

夏が [自分周辺]

8月でしたね
前半、女優の会とかエイチエムピーとか周りでバタバタ、していました。
後半、じぶんのことでバタバタ、していました。
一昨年に匹敵する暑さかもしれない、と思ったけど
今年はまだましですよ。
まだ涼しいんちゃうかな
もうエアコンいらない
つけるときもあるかもだけど。

なんか、暇潰しでDVDみました。
古本屋さんで売ってたDVDを買ったのです。
クラシックなやつを。
赤い靴と、雨に唄えばです。

雨に唄えばは以前にも観ていましたがすごく好きで楽しくてこれは何度も観れるわと思ってまた観たの。
有名などしゃ降りダンスシーンが何故名シーンと言われるか、わたしなりに分かった気がした。
赤い靴は、バレエの世界ではあるがやっぱしバックステージものではあり、
どうしたってこんなんが好きなんやわわたし。
しかし、何だこりゃって腹立ったけど。あのプロデューサーが宗方コーチだったらこれはエースをねらえな話だったのに。すみません、エースをねらえ!を読んでいて且つ映画「赤い靴」を観た人とお話したいです。
クラシック映画を観るといつも、おおう!と実は思うので好きです。
あのねたぶん現在の映像やCG技術がないから、大分と役者と効果スタッフの仕事がよくて、
うわっ!て思うんよね。
舞台の人間だからやろね
「雨に唄えば」のヒロイン、デビー・レイノルズも、舞台役者の設定です。映像の役者「なんか」と私は違うのよって、誇らしげだけど勿論実は食えてないとこが共感度高い。
しかし今日わたしはあのバカそうなスター女優の役は面白いだろうなと思ったのだった。   

あのね、忙しい。 [自分周辺]

7月です。忙しいのかどうか分からないなんて言ってごめん悪かった。
忙しいよ。
すべきことをちゃっちゃとやらないのが悪いこともあるけど、
優先順位!優先順位!何を優先?!

まだまだ書類作成の類に追われている。
ちょっと他にも色々!

7月末には大阪女優の会公演があります。出ませんが手伝います。
詳細は調べてくれ。今ここに情報出してる余裕がない。
8月のエイチエムピー・シアターカンパニーも一応、手伝ってるのか手助けになってるんだか分からないがやってます。出ません。これも調べてくれ以下略。

事務仕事に戻ります!

おひさしぶりです [自分周辺]

あらら。ずいぶん放置していました。
桜姫の公演後、忙しかったような気もするしだらだらとしていたような気もします。
元気にしています。体調などは、すこぶる、順調、かな?
ひざがおかしいんだけどね。ひざ。ひざってヤダよね。年寄りみたいじゃんね。
まあ、そんな年頃なんかもですけど。
包丁で指切ったり、夜中に酔っ払ってラーメンスープで火傷したりしてますけど。

色んなことがありますわ。
毎日まいにち。

落ち着いた?
と聞かれたりして、最近は「落ち着いている状態がどういうものかが分かりません」
とよく答えております。

分かりません。
意識的に、今は忙しいねんっっ!! と思っているときの方が精神的には落ち着いているような気もしますね。

今はね、
忙しいような忙しくないような。
あれこれあるけど、どう動くべきか、どうしたものか、と考えていて、
実はパニクっている状態かもしれません。

『怒り』という本を読みました。吉田修一作上下巻。
面白かったです。やりきれぬ読後感。
ある殺人者の行方を追うような展開なのですが、まあ、トリッキーな構成なので、振り回されており、
えっそういう話かい……て。
悲しい、ような、でも、そういうもんかも、というような。
愛する人を信じることができなかった人の話。
愛することと信じることは別かもと思ったりした。

7月までは、TCLのレッスンを真面目にがんばろーと思っていて、ほんで、
出演は軽はずみに受けないでおいた、ら、
いろんな話が舞い込み消え、舞い込み消え、
余計なこともそうでないことも、ちょこちょこと引き受け、こちゃこちゃ、動いています。

10年以上前に付き合ってた男性を今日、地下鉄の駅で見かけました。
びっくりしました。声は特にかけてません。
ふ。
↑ なんか、あっ!て思って、
でも誰に言うわけでもないどうでもいいことなんで、多分誰にも言わんと思うので、
なんとなく書いてみたの。

えーっとねぇ
いや、ほんとはブログ書いてる場合じゃないんだ。
することがあったんだすることが。
んじゃ、また。

夏になんか色々手伝ってます。
女優の会とか、エイチエムピーとか。

老けた [自分周辺]

しばらくぶりですなあ、何か。
忙しいんかもしれません。
分かりません。


ひととあう [自分周辺]

朝実は何故かちゃんと目覚める結構目覚める恐ろしいことに目覚めたい時間よりも早くに目覚める。ほんとこれ実は怖い深刻な病気かもしれない。ずっとずっと呑みに行こう行こうと言い合い続けてたのに全然その機会がなかったともだちと偶然会えて呑んだ楽しかった。もっともっといつまでも話したかった。わたしたちが働いたり生きたりしている世界は、狭いし広いし、広いし狭い。むちゃくちゃや。空間と、時間には限りがある。でも私たちそれぞれの中には、無限の時空間がある。
想像想像想像想像でどこまでも、行けるのになあ

雉、人柱、鳩、病院、など [自分周辺]

桜姫依然と稽古中。稽古場の映像などをみてふむふむと思う。わたしは首がやたらと動く。癖だと思う。そして下を向いていることが多い。癖だと思う。首がながいんかな。ほんで頭が重いから下向くんかな。分からん。でもこれ今気づいたわけでもない明らかな癖なのです。よく首いわすしね。なんやろね。そして重心が思ったよりずうっと上にあっていわゆるへっぴり腰に見えてかっちょわりい。不安定。桜姫、というよりは副題「歌ヒ鳴ク雉ノ行方」と呼びたい。再演ではないアピールもあり。おっさんでいてもいいというお墨つきを頂いているのに何故か照れが見えるわたくし。潔くないですね。気に入らんわ。高度なこと要求されてるなと感じる。でもなかなか積み重ねていけないの。おっとネガティブ思考はこれくらいで。そして鳩がまた現れていてキーとなってる。あいつら!あいつら!どうしてくれよう。どうしたらいいんだ。何かしらん先週からまた病院を行ったり来たり。もう勘弁してくれよ。波田さんが亡くなったと聞いた。ご冥福をお祈りします。共演させていただいた舞台は私に色んな自信を与えてくれた、まさかの義姉役でした。たまたま聞けてよかった。ああ人生。儚い。これからどうなるんやろ、色々不安がいっぱいなの。「江戸の恋」という本を読んだ面白かった。南方熊楠の評伝小説を読み中。竜馬も読み中。あとなんだっけ高橋源一郎と宮沢章夫の何かを読んでる。台本読めよ。

寒っ [自分周辺]

1月がやっと終わりました~
長かった。何故だろうか。稽古に追われてなかったからか。
真面目にレッスン行ってました。
ちょっとまた病院にキレたりもしました。
なんか、すこし、落ち着きません。
世の中も、へんだ。なんだ。

1月は映画2本みました。
芝居は、3本くらいみましたかね。
あまり大きく動いてない。
たらたらしてた感。

色々準備したいことがある。
あるのだが。
落ち着いてかかれない。

とりあえず早々に確定申告の準備をするのだ!
今年はさっさと済ませるんだい。