So-net無料ブログ作成

ありがとうございました。 [芝居]

『壁の中の鼠』
無事、終了いたしました。
ご来場くださいました皆さま、エイチエムピー・シアターカンパニーの皆さま、
劇場スタッフの皆さま、ありがとうございました。

いやー!!
思ったよりも、ハードでした!!
芝居ではずーっとコタツでだらだらしていましたが、
これが何と一瞬たりとも気を抜く隙などなく、これがふたり芝居というものかと。
だいぶ容量が減っている状態での公演でして、
負荷大きかった!本当に、そう思う。
飲み食いガチの、携帯アラーム自ら鳴らしの、この負荷が。
でも、それで逆に集中はしていたかもしれませんね。

あまり、見るからにテンパったりしてはいないようなので、
そうは思われていないかもしれませんが、
劇場入りしてからずっと、気が気ではなかったのだ。
小心者なのでですね、相方の森田祐利栄さんにも、ご迷惑をかけていたかも。
分からない。とにかく、ゆりえさんについていくぜ!!と必死になっていたのですよ。
ゆりえさん、本当にありがとう。
誘ってもらえたことも光栄だったし、5日間の京都生活はスペクタクルでした。
再演のときは、是非舞台でもっと濃い~関係を築きたいとリベンジする気は満々です。
リベンジというと、何か失敗したかって思われそうですが、
今のあたしたちが、呼吸して会話していたということで、伝わったものが答えなのでしょう。

モード組、のカワイコちゃん(←)達も真摯で一生懸命で、負けちゃいかんと思ったぜ。

このように器の小さいわたくしではございますが、
今後も精進してまいりたいと考えます。
ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0