So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

フィリピンのこと [自分周辺]

先週帰国いたしました!
いや~疲れた。何って帰りの航空便が遅延で乗継できなくて、
朝6:50イロイロを飛び立ってから関空に着陸したのは翌朝7:40ていうのが。
時差が1時間なのでドアtoドア24時間以上です。

それはともかく何となくざっくりとご報告。

学校は朝9時から授業が始まり、6コマを17時まで。
実は当初8時開始のクラスがあったのだが、grammarはもういいですって言って減らした。
そして合間に通っていたのはスモーキングエリア
smkng.jpg

学校構内の寮の二人部屋で宿泊していました。
学校自体はウエストウッドという高級住宅エリア内にある。
ヴィレッジにこんなエントランス。確かにお金持ちそうな家がいっぱいありました。
westwoods.jpg

フィリピンの交通手段といえばジプニーjeepneyという、バスっぽいのです。
路線が決まっているがバス停はないので、路線内で停めて乗る。
窓や入り口はオープンなので雨のときは乗りたくない(雨の時に乗ったことない)。
jeepney.jpg

ジプニー初乗りではしゃいでいるわたくし。
jpnmio.jpg

スーパーマーケットのマンゴー売り場
SMmango.jpg

近くにはハロ教会Jaro churchという古い教会もあり。
フィリピンはアジア随一のカソリック国でもある。
私は日曜日の真昼間に行ってみたんですが、日曜ミサでものすごい人でした。
そして普通に信心深い人々をみてへえぇと思ったのでした。
jaro church.jpg

ところで、フィリピンの人はすごく歌が上手なんです。
勿論人によるとは思うんですけど、スモーキングエリアにたまるフィリピン先生達や
構内でメンテなどしている職員さんたちが、何気に割とよく歌っています。
それが超うまくてびっくりします。choirで歌っているからかなあと思いました。
ゴスペルとかそういう感じの発声です。かっこいい。

学校で火災訓練があったのです。2時間かけてやるのかいって思いましたけど、
指導にきた消防員さんがかっこよくて、つい写真をお願いした。
fireman.jpg

さて、遊びに行ったの巻。
ギガンテスという島に行きました。
フィリピンはたっくさんビーチリゾートのある島があって、セブ島やボラカイ島が有名なんですが、
ここは特に観光地化されていない、ということが売りの、なかなかの自然っぷりな島です。
gigantes1.jpg

しかし、観光化されていないどころではなかった。
おうちはほぼほぼ、木か竹の小屋である。一応エアコン完備という宿に泊まりましたが、
エアコン夕方からしか使えなかったり、水は雨水をためたやつ。
トイレで困ったですよ。もうほんと。ああ文明。
でも、満天の星は感動的です。
gigantes5.jpg

一泊明けた朝の宿そばビーチ?で。天気が良いと空も海もキレイ!!
gigantes2.jpg

そして、なんかその辺にいた子どもたちです。
私たちが旅行者だというのはまる分かりで、
みんな「マーム、バーイ」「マーム」「マーム」って声かけてきて手をふってくれて可愛い~~~~
※マーム=ma'amと思う。「奥様」「マダム」みたいな呼びかけ。
超かわいいもんだから、写真撮っていい?って聞いて撮りました。
gigantes3.jpg

お母ちゃんがこの子も撮って!って言ってきました。
gigantes4.jpg

この後、私のデジカメの画像を見にきた子どもたちに囲まれて、
みんなキャッキャ嬉しそうに笑っていて、すごくなんか幸せやった。
もしかして、カメラ初めて見たとかかもしれない。
子ども苦手な私ですら、この子たちは天使なのではと思いましたよ。

さて都会←え? に戻り、フィッシュスパする段。
気色悪い。これってなんか食べてるんですかって聞いたら、
ドライスキンを食べるのよって言ってた。
fishspa.jpg

fishspa2.jpg

日帰りで行った、ギマラス島のケニヤマビーチ。
ここもあまりまだポピュラーではないらしく、でものんびりしててよかったです。
guimaras1.jpg

トライシクルはバイクにサイドカーがついている、タクシー的な乗り物です。
乗るの楽しいです。
因みに、モーターバイクでない、自転車バージョンもあります。
自転車バージョンは、なんていうか、ニコール・キッドマン気分になります。
(未開の地を訪れた英国貴婦人という設定)
guimaras2.jpg

tricicle.jpg

スモーキングエリアで顔見知りになったフィリピン先生達。
実は誰も私の先生ではない。なのでただ喫煙友達となった感じです。
smkers.jpg

学校の売店キャンティーンのランチ。
食堂でご飯は三食支給されるんですが、たまに、売店でフィリピン食を食べていました。
ナスの揚げたやつとか、野菜スープ美味しかった。
あと、食べ物はチキンと卵のクオリティが高いです。絶対新鮮なんだろうな。
filippinofood.jpg

学校はアルコール持込禁止。
近くのコンビニにテーブルもあって、そこで一杯やるっていうヤツ。
最後の夜に、顔見知りがいっぱい集まっていたので合流して、
なんかとっても素敵写真が撮れました。
nomi.jpg

で、飛行機遅れたために、香港で何時間か過ごすことに。
キャセイパシフィックですが、一応そこは色々ちゃんとフォローしてくれました。
ホテル用意しますって言われたけど、泊まるほどは時間なく、
夕方から深夜までの数時間だったので、タダ飯を食らう目的で入国。

香港返還20周年だったのですね。
hongkong1.jpg

ホテルディナーはこんな感じ。
hkdinner.jpg

フィリピンの人たちの親切でフレンドリーな感じに慣れていたところ、
香港ではやたらと失礼な振舞いをされて腹が立ったりしました。
航空会社の人やホテルフロントの人はとても丁寧だったんだけど。
何だろうな~。まあ、私も疲れていたし良い状態ではなかったけど。
hk.jpg

ああ、
なんかもう懐かしい思い出。
英語忘れないようにしなくては。どうしたらいいのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イロイロ滞在報告簡単に [自分周辺]

さて6/6からここフィリピン、パナイ島にあるイロイロ市の英語留学しています。
早くも3週間が過ぎまして、ようやっと生活に慣れてきたかと思えば
もう来週には帰国なので帰る準備しなきゃなとなってます。
早いな! 短かすぎるな。
思ったよりユルい感じで、週末は遊びに出かけたりもしてるし、
喋るのに慣れるという当初の目的はまあまあ、できているかなあ。

難点、というか、学生さんは勿論ほとんどの先生がたが私より若い。
だからなのか、ただ単に先生が優しいからなのか、
デタラメだなこの英語、と思いながら喋っていても、
あまり間違いを指摘されない。意味は通じるからそれでスルーされているっぽいが、
いやいや、直してくれよ~。と思っているところです。
やはり第二外国語としての英語なので、
自分がどこまで積極的に学ぼうとするかで変わってきますね。

先生の英語力がまちまちなので困ったこともありました。
実際そんなに喋れなくてもある程度の文法上正確さが日本人の私にはあって、
「いや違うでしょ、
 そこに形容詞入るのおかしいので、私の答えが正しいです。
 あなた間違ってますよ」なんて逆に先生の間違いを正してしまうということがあり、
これはダメだなとクラスの内容変更してもらいました………
最初は頭が真っ白になって全部イエス言うてたことを思えば進歩ですね。

あっそろそろ授業が始まる。
行ってきます。

行ってきます [自分周辺]

ありゃ、5月終わっちゃった。
もうそんなか!6月か!

そして明日からフィリピン英語学校に留学してきます~~。
一足さきに夏ですね。しかしフィリピン6~7月雨季らしい。
毎日英語生活をしておこうと思ったんです。
7月には帰ってきます。
でも月~金、朝~夕方の学生生活に果たしてついてゆけるのか、
心配だな。がんばろう…。

勉強の効率を上げたくて、速読講座とか受けてみた。
劇的な変化があるわけではないのですが、
20年前イギリスで購入した "An Actor Prepares"を1章ずつ読んで、
その後答え合わせ的に『俳優の仕事』の該当章を読むっていうことをしてた。
洋書の速読はさすがに無理ですが、翻訳はするする読めちゃうっていうことがあって、
これはこの調子でフィリピンでもやろうかな。

ほんとうは読み書きよりか会話がまずいので、
学校ではそっちメインにいっぱい喋るようにしようと思います。
トレーニングについてくための英語が必要で、
インプロとかの世界になってきたら適当に色々喋るとかになりそうだからなぁ。
日本語でも喋るのアレなので、稽古稽古。

公演の稽古とかがないので、読書習慣が復活してきました。
イジー・クラトフヴィル『約束』
森まゆみ『暗い時代の人々』
渡辺由佳里『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』
堀川惠子『永山則夫 封印された鑑定記録』
栗山民也『演出家の仕事』
ケン・リュウ『神の動物園』
など読んだ。
宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』
ニコラス・エプリー『人の心は読めるか? 本音と誤解の心理学』
など読み中。

フィリピン行きの準備でもばたばたしていましたが、
行く準備というよりも家を空ける準備って感じだ。
年末の大掃除くらいの勢いで掃除ばっかりしていました。
しかし忘れ物ないかな~。
まあ、何とかなるだろう。あードキドキする!!!

行ってきます~~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

準備中 [芝居]

さてさて、大型連休も終わって、ずいぶんとあったかくなりました。
これから暑くなっていくね!
4月はライブであわわとしていて終わったらなんかあっという間にGWでしたな。
特に何も別に。映画みたり呑みに行ったりしておりました。

いや、私色々と重大ミッションがありまして、
何だかんだと手続きをすすめていました。

お話する機会のある方にはお知らせしたりしていたのですが、
この秋、私渡米いたします。
演劇スタジオで研修してきます!
そんなに長く行ってるわけでもないです。
まずは3ヵ月、年あけてまた3ヵ月、延べ半年くらいです。
とは言え、長期で海外に滞在するのも学生のとき以来だから、
まあ色んなことが分からなくて、調べたりリサーチしたり、なかなか進まず。
まったくもって個人で海外に出かけることは初めてです。
旅行だったらね、旅行会社さんが色々やってくれるし。
学生んときの留学なんかは、学校が色々やってくれたし。

インターネットはそう思うとすごいな。こんなもんなかったもんな。
今更ながら、ネットがあってやっぱり助かった。でも色々コワイ。
これ大丈夫なんか!? ここOKしてええんか? ドキドキ。はらはら。
航空券の手配もしました! 
でもここはネットでトラブりたくないから旅行会社さんに行って、安心を買いました。
トラブルは起こるときには起こるでしょうけれども。

今、っていうかずーっと心配しているのは住む場所だよ!
何しろNYです。家賃がお高いんです。きっと世界一高いんだわ。
ルームシェア情報をネットで眺めてます。
9月からだから、まだちょっと早いのですが、あたりをつけておこうと思いまして。
ですから今私は誰かれなしに、NYに知り合いがいたら紹介してくれとお願いしてます。
もしどなたかいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。
細~いつながりの方にコンタクトをとってはいるのですけどね。
部屋情報までは、なかなか、ね。

で、衰えた英語をどうにかするために、6月にはフィリピンにプレ英語留学してきます。
こっちは伝手がありましたので全然申込みは楽だった……。
ふー。あー色々落ち着かない。

そんなわけでして、今年はもう出演の予定がありません。
お稽古がないっていうのも淋しいのですが、まあ仕方ありません。
できることをやっておこうと思ってます。

※もし出演依頼等がございましたら、2018年の6~7月以降なら空いていると思います!!
※お忘れにならないでね、お願いします。

あーもー頑張ろうっ。コワいけど楽しみ。
浮足だっている場合ではないぜー。
俳優の訓練方法を学びに行きます。
そして、表現活動をどうしてくか、ってことも、観て聴いて感じて考えたいと思います。

そうだ、嬉しかったことがあります。
4月に発売された演劇雑誌テアトロ5月号で、
評論家の神澤和明さんに、11月のコズミックシアターでの芝居におほめの言葉をもらいました。
『今年駆け登ってほしい関西の演劇人』という記事です。
やはりご自身もそこに掲載されていた作家さんが教えてくださいまして、
テアトロ買いに走ったわ~。
記事内であげられている作家さん、演出家さんもご一緒させていただいたことのある方が沢山あげられていて、その中にちょこりと杉江もあげていただいて嬉しかったです。ホント。
こうやって公に認めてもらえると、つい浮かれてしまいますが、まあ気を引き締めていきたいですね。
ですし、こういうことがあると、本当に、自分の活動に責任を感じます。
研鑽してまいります!!

報告が長くなりました。
また。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ラ・ラ・ライブ [自分周辺]

いやー、ララランドは味わいぶかい映画でしたねー。
想像してたのと全然違って、あたらしいミュージカルやと思ったー。

て、そんな話ではないのですよ。
えっと、前回お話したように、ライブに出ます……。
ううう歌います。
練習しますー。

live.jpg

会場はコチラ↓
cafe+bar GIALLO(北加賀谷)
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270404/27052658/

初めて行くのですけど、お料理もとっても美味しいらしいという噂!!
楽しみ!! でも歌い終わってからじゃないと、とっても食べられそうにない気がする。
緊張しています!!

先日スタジオリハーサルしました。リハ?というか打ち合わせ兼ねて練習。
吉岡一造さん、ツチモトアキヒサさん、北村将吾さんのバンドで歌わせていただきます。
ノーチャージなので少し気が楽なような、
でもそれって、ふつうにお食事やお酒を楽しみに来ているお客様に聴かせるってことやんね、
逆にハードル高くないか。
なので、こっそり出るつもりだったけど、
やっぱり知り合いが応援してくれたら心強いかもしれないので、
よかったら来てくださいね。

か、歌詞を覚えなくては………
声を整えなくては………
あああああ~
いやいや、軽く考えたほうがよいかも~。
とはいえ、緊張がぁぁぁぁ。
リハ後に、
「いやあの、役者だからって、声がデカいからって、
芝居するのと、ライブで歌うとかいうことは全然違うんだよおおおおお」
と泣き言を言いましたが。
バンドのセッションを楽しみたい!嬉しいことだ!!そうなんだ!

お待ちしております♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

桜どき [自分周辺]

桜咲いて、春らしくなってきました。
ここ数日は少し曇りぎみでひんやりともしていましたけど、
花盛りです。
花見などは特別に出かけたりしていませんが、
近所の公園が満開でした。
あともっぱら、
SNSで皆さまがアップしている桜の写真を眺めて、これも花見かね。

元気にしております。
映画みたりとか、しております。
ご飯を家でつくって食べています。
身体動かしに、スタジオに行ったりも。

今月なんと、友人のライブに出演することになっていまして。
歌う。
歌うのだよ。
で、何を歌えば!! と悩みまくり、
考えすぎて訳が分からなくなり、友人にも相談して、
ひとりカラオケに出かけたりもし、
なんとなく、アコースティックロック系な感じになりそうでございます。
でもウォーミングアップいるわ~。歌うの。
そりゃそうか~。
カラオケで分かりましたけど、声が歌える感じになるまでに一時間かかった。
ちょっと本番までに歌う練習します。

実は場所とか、まだよく知らないのです。
第3火曜日です。
エイチエムピー・シアターカンパニーで音楽をつくって下さっている、
吉岡一造さんのバンドにお呼ばれしました。
ははは。もしご興味あれば。

コワイよ~。いや、楽しもうっと。

最近、お風呂につかったら、結構寝つきがよいことに気づきました。
20年以上、不眠ではありませんが、寝つきがとにかく悪くて、
睡眠時間を確保できないし、起きるのがつらいのが、悩みだったのですが、
風呂入ったら、結構すぐ寝られる。
忙しいときって、ゆっくり漬かってられないと思ってシャワーで済ませてしまったりしますが、
この前の公演中の割と厳しいスケジュール中も、
風呂で解決しました!!
寝つきの悪いみなさまお試しください。
10分湯船に浸かるだけで、違いますよ。違いました。

さっとシャワーして眠ろうとしても2時間3時間寝付かれないことを考えれば、
そんな10分大したことではない。

しかし起きるのがつらいのはあまり変わらないです。
これは春のせいということでしょうか。

まったくもってまとまりがありませんがこれにて失礼します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

終演しました [芝居]

『河内キリシタン列伝』
ぶじ、千秋楽を迎えました!
毎度おなじみのご挨拶ではありますが、
作・演出の高橋恵さんはじめお世話になったスタッフの皆さま、
マーヴェラスな共演者の皆さま、
そして足をお運びいただいた皆々さまに、
深く感謝いたします!!

いやぁああ、す、すごかった!!
なんていうの、やっぱこれね、自分がもう1人いったと思うの。
語りその他の役を演じるコロス的なんと、メインの役とね、
この目まぐるしさは、これまでにあったんだろうか、どうなんだろうか。
分からないが、なかなかのモノでしたともよ。
公演終わってからなんだかあったかくなってきてさ~、何それ。もう。
客席の皆さまはもちろんでしょうが、本当に体育館の底冷えが身体にこたえましたわ。

いらん力がいーっぱい入っていたのであろう、
右腿筋肉かるくいわしてました。(もう治りました)
サムライ歩きが癖になりました。のしのし歩くのだ。

この時代のことがもっとよく分かればもっと楽しめたと思う、
てな意見をチラホラと。
でも、河内キリシタンのことなんてよく知ってる人も珍しいですから!
この芝居がとっかかりみたいになれていたらいいのかなあ、と思う。
やりがいがありすぎていっぱいいっぱいでした。

今のわたしができることはやった! やれることはやった!!
でもリベンジする気全然ありますです。

さてさて、
この後わたししばらく出演予定がございません。
秋から、行方をくらまします。
それまで諸々、準備をと考えています。
でもまあ、
今月はたまたまですが4/2の「なにわ人形フェスティバル」でお手伝いしたり、
後半は、えっと何かイベント的な、何かに出たり、します。
準備ごとのほかはたぶん、
なんかバイトしたり、レッスンしたり、どっかで呑んだくれたりしていることでしょう。

生存周知のために、ブログとかも書きましょうね。なるべくね。
あ~映画みに行きたいな!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

大東・野崎・河内キリシタン [芝居]

やっほう。いよいよ土曜日から本番です『河内キリシタン列伝』。
本日会場の、旧深野池北小学校の体育館で仕込み、通し稽古をいたしました。
いやー、夜は結構サムイ!ことが判明。
学校公演で体育館公演は多少経験があるものの、
夜に公演することがないから、あっそうかと目からウロコ。
太陽が落ちるとこんなにも寒いのだね。太陽すげー。

夕方からの観劇をお考えの皆さま、どうぞ、暖かくしてお出かけ下さい。

しかし、空間が大きいところで芝居するのは、いいね。
最近ちいさなところでやることの方が多かったですから、
思い切ってなんか、身体使いたいな、と言いつつ、なかなかなのですが。

何がって殺陣ですわ。
わたしの殺陣、殺陣ちゃう。
いや、もうそこは、なんか、とにかくいろんなものでカバーしようと思ってます。
気合いとかで。
FB_IMG_1490112496558.jpg
気合いとかで。

FB_IMG_1490112515605.jpg
今回の共演者は前も言っているかもですが、
私は全員お初なのです。
でも全然そんなの関係な~い。みんな、気のよい、アツイ、真摯な、演劇人です。
楽しい!!! 
酒のみや煙草吸いがオール女子でも多いので気が楽!!←そこ。

FB_IMG_1490112576034.jpg
水柊さんと竹田モモコさん。
お二人のシーンはいつも笑顔になってしまう。
おもろかわいい。

FB_IMG_1490112608085.jpg
濱奈美さん。
私はたぶん一番この人といっぱい喋っている。
なぜならば、ご近所だからだ! そして、酒飲みだからだ!
酔っぱらっては芝居の話ばっかりしているのだ!!
チャーミングなフロイス神父を演じている。

FB_IMG_1490112624084.jpg
諏訪いつみさん。
勝手なイメージで「女優さん」系のひとかと思ってたら何かもっとざっくばらんな感じの方。
楽しい。身体表現ということですごく勉強さしてもらってますの。美しいです。

FB_IMG_1490112593402.jpg
飛鳥井かゝ゛りさん(←うまく表記できなかった)。
面白い……。面白いんです。
すごくきっちり、ばっちり、芝居できる方だというのは、分かってました。
でも、何だろう、こんな人今まで観たことない。
じぶんに厳しくひとに柔らかい人。こんな人間になれたらいいなあ。

稽古場の写真撮影は井上信治(三等フランソワーズ)さん!!

0112_kawachi_omote3.jpg
0112_kawachi_ura1.jpg


[杉江美生扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/kawachikirisitan?m=0efgdjf

よろしくお願いいたします~~~♫♫

3月25日(土)18:30~ 
26日(日)13:30~/17:30~  
<受付・開場は開演の30分前>

会 場  旧深野北小学校体育館(大東市深野3丁目-28-4) 
脚本・演出  高橋恵(虚空旅団 作・演出・代表)
原 作   「戦国河内キリシタンの世界」批評社
神田宏大、大石一久、小林義孝 摂河泉地域文化研究所=編
出 演   飛鳥井かゞり(猫会議)、諏訪いつみ(満月動物園)、杉江美生、竹田モモコ、水柊(少年王者舘)、濱奈美(劇団ひまわり)
制作: 大東倶楽部、虚空旅団
主催: 大東市
        
入場料  前売・当日共 1,500円

スタッフ:舞台監督/今井康平(CQ)、照明/山本有香、音響/大西博樹 
宣伝美術:山本ゾンビ(山本書院グラフィックス) 撮影:井上信治(三等フランソワーズ) 制作協力:尾崎商店

楽しんでもらえるように最後まで、駆け抜けますよ。
是非、ごらんくださいませ!!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

小屋入り前夜 [芝居]

『河内キリシタン列伝』稽古も佳境ですよ~!
いや~、そもそも分かっていたはずではあるのですが、
いや~、大変だぁあ~!
でも、まあ、いや、大丈夫大丈夫。頑張るよ~。
面白くなるよ~。たぶん~。

今日、っていうか今頃か!っていうようなタイミングで高槻へお出かけした私です。

高槻教会の高山右近記念聖堂!とか、いろいろ見たかったのです。

教会!
DSC_0425.JPG
DSC_0428 (1).JPG
右近が没したマニラの聖堂を模しているとかなんとか←テキトーな説明だな!

DSC_0426.JPG
DSC_0427.JPG
右近像います。

DSC_0429.JPG
中はこんな。キレイ。
ていうか、教会って独特の空気ですね。
しん、として。
心が落ち着く。明るい。でも静か。

DSC_0432.JPG
26聖人の碑

DSC_0433.JPG
手を広げているのが三木パウロです。
わかるかな。

DSC_0431.JPG
右近さんの絵と、マリア像。

DSC_0434.JPG
告解を行うところ。いわゆる懺悔室ってやつ。
神父様のドアには不在の札が。

DSC_0436 (1).JPG
人がいないのをよいことに懺悔室の中まで撮影する。

DSC_0437.JPG
高槻天主堂跡。じっさいに当時たてた教会があったであろうところ。
今は高槻の商工会議所です。

DSC_0438.JPG
DSC_0439.JPG
DSC_0440.JPG
高槻城跡。
広くはないのですが、なんとも雅な雰囲気の庭園状になっている。
桜もさいてぽかぽかして、気持ちようございました。
南大手門跡に、高山右近像あり。

_20170323_001243 (1).JPG
そのもとで戯れる女児あり。

しろあと歴史館とかも一応いって、
高山右近の資料もいっぱい見てきたっす。

芝居は、もうなんか、必死。
結構みんな、必死。
面白くなると思います!!!!
是非、いらしてくださいね。

ちなみに土曜日が少し混み始めており、
日曜の特に17時半の回が今のところ空いているのでオススメしています!!

0112_kawachi_omote3.jpg
0112_kawachi_ura1.jpg


[杉江美生扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/kawachikirisitan?m=0efgdjf

よろしくお願いいたします~~~♫♫

3月25日(土)18:30~ 
26日(日)13:30~/17:30~  
<受付・開場は開演の30分前>

会 場  旧深野北小学校体育館(大東市深野3丁目-28-4) 
脚本・演出  高橋恵(虚空旅団 作・演出・代表)
原 作   「戦国河内キリシタンの世界」批評社
神田宏大、大石一久、小林義孝 摂河泉地域文化研究所=編
出 演   飛鳥井かゞり(猫会議)、諏訪いつみ(満月動物園)、杉江美生、竹田モモコ、水柊(少年王者舘)、濱奈美(劇団ひまわり)
制作: 大東倶楽部、虚空旅団
主催: 大東市
        
入場料  前売・当日共 1,500円

スタッフ:舞台監督/今井康平(CQ)、照明/山本有香、音響/大西博樹 
宣伝美術:山本ゾンビ(山本書院グラフィックス) 撮影:井上信治(三等フランソワーズ) 制作協力:尾崎商店

劇場でお会いできますことを楽しみにしております!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

高 山 右 近 っ。 [芝居]

さて、『河内キリシタン列伝』のお稽古は着々とすすんでおります。

チラシに記載されている、今回の芝居で登場する戦国武将たちは以下の通り。
三箇頼照、池田教正、高山右近、三木半太夫、結城弥平次
もう一人の登場人物はルイス・フロイスでこちらは当時日本で活動した
ポルトガルの宣教師で、のちに「日本史」を著する偉人です。

さあ、誰が一番有名かって、高山右近さんですね。
私はチラシができたときも誰ひとり存じあげておりませんでした。

今回わたくし、その、今話題の、高山右近役を配されております。

台本を読みましたら、まあ私の見事なほどにうすっぺら~い知識でも何が起こっているかは
分かるのですが、それだけでは心もとないわけですので、
にわか戦国時代とキリシタンの歴史の猛勉強をしております。

そして高山右近についても頑張って勉強しております。
幸か不幸か、高山右近に関しては、色々と資料も豊富です。
今年ローマ・カトリック教会から福者として認められたりして、
そういったニュースも記憶に新しいわけで、
有名人を演じる微妙なプレッシャーというか、
あんまり好き勝手に創ったら右近ファン(←?)に怒られるかもしれないし、
とりあえず可能な限り知識はまずたくわえておこうと思いました。

色々と知れば知るほど、高山さんは真面目な人です。
とにかく真面目な人です。こんな簡単に言うべきでもないんだが。
清く、正しく、美しすぎる。
こんな清廉で非の打ちどころのなさそうな人だなんて。
なんといっても「福者」ですから!
福者とは、「聖人」に次ぐ、信仰の優れた方を認めた呼び方なそうな。
千利休の高弟子のひとりであったり、仕舞が上手だったり、
「すり足」の稽古をすべきだと思った私はあながち間違っていなかった。
まだ、身体でつくれるところまできていないですので、あと1か月とちょっとですんで、
頑張ります。

このような登場人物たちを全員女性で演じます。
共演者のみなさん、素敵です。楽しいわ、これ。
どんな風に見えるのだろうか、これ、私観たいわ。

戦国鍋TVっていう番組のことを教えてもらったので、
ゆーちゅーぶとかで観てぶははと笑ったりしてます。
まだ全部面白いってわけにいかないんですけどね、私の知識では。
いやあの、真面目な本読んだりもしてますよ。
本番前に一度高槻の教会に告解しに行きたいですよ。告解。コンヒサン。confession。
先に謝っておきたいんですよおおおおおお。

キリスト教のことも知らなくちゃなあ……ってなってます。

キリスト教の何が戦国時代の武士たちの心をとらえたんだろうなあ、ということが
ずっと気になっていたのですが、色々調べたりしているうちに、
なんとなく、なんとなく、こういうことなのかな~って思えるようにはなってきました。

心の平安が欲しいんですよ!!!!!

わしも欲しい!!!!!

世俗の物事にとらわれず、権威や名誉心に惑わされず、思いのまま生きたい!!!!

そんな感じ? ←軽すぎるな。

とりあえず、色んな史実を語らなければならないため台詞の量が半端ないですが、
これは私だけではありません、全員すっげえ語ってますので、
早く覚えてもっと芝居できるように頑張ろう。

どうぞ、いらしてくださいませ。
下記URLにて、チケットのご予約を承ります。

[杉江美生扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/kawachikirisitan?m=0efgdjf

よろしくお願いいたします~~~♫♫

minikawachi_omote3.jpg

3月25日(土)18:30~ 
26日(日)13:30~/17:30~  
<受付・開場は開演の30分前>

会 場  旧深野北小学校体育館(大東市深野3丁目-28-4) 
脚本・演出  高橋恵(虚空旅団 作・演出・代表)
原 作   「戦国河内キリシタンの世界」批評社
神田宏大、大石一久、小林義孝 摂河泉地域文化研究所=編
出 演   飛鳥井かゞり(猫会議)、諏訪いつみ(満月動物園)、杉江美生、竹田モモコ、水柊(少年王者舘)、濱奈美(劇団ひまわり)
制作: 大東倶楽部、虚空旅団
主催: 大東市
        
入場料  前売・当日共 1,500円

スタッフ:舞台監督/今井康平(CQ)、照明/山本有香、音響/大西博樹 
宣伝美術:山本ゾンビ(山本書院グラフィックス) 撮影:井上信治(三等フランソワーズ) 制作協力:尾崎商店




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -